森田選手、1回戦突破

2012年08月30日
 一昨日の試合で、森田選手はニクルスクを6-3、6-3で破り1回戦突破! 2回戦の相手はピロンコバ。調子を上げてきているのでがんばってほしいです。

 伊達選手は残念ながらアービッドソンに4-6、 2-6で初戦突破はなりませんでした。第1ゲームから相手のサービスをブレイクし、いい感じにスタートしたのですが、ブレークされブレークしと、決定打の精度があがらなかったようです。怪我からの復帰間もないのに、最後まであきらめずにプレーする姿は、本当にかっこいい。ダブルスの試合もあるので、応援しています。

宇宙に響いたティンホイッスルの音色

2012年08月30日
 29日放送のNHK-BS1の『「地球テレビ エル・ムンド』に、パディ・モローニが出演しました。結成50周年のチーフタンズのリーダーのパティ。番組で"Women of Ireland"をティンホイッスルとイーリアンパイプで演奏。いやぁ、いい音色…。指の動きもアップで映し出されて、見入ってしまいました。

 番組内で、2011年に国際宇宙ステーションで、宇宙飛行士のケイディ・コールマンがティンホイッスルを演奏する映像を初めてみました。ライブ中継があったのですね。知りませんでした。ケイディは、パディとマットから借りたアイリッシュ・フルートとティンホイッスルを宇宙へ持っていたのだそうです。番組で放映されたのは"Fanny power"でした。
 この演奏は、50周年記念アルバム "Voice Of Ages"にも収録されています。

 11月に九州にも来日するチーフタンズ。一番近い会場は北九州…。行きたいなぁ…。

ヴォイスオブエイジス

Vice Of Ages

あっという間に全米オープン

2012年08月28日
 先週の23日から27日まで、栃木に帰省していました。オリンピックが終わって、もうすぐパラリンピックだ! 国枝選手頑張って!っと思っていたら、全米オープンが始まっていました。

 今日まで年休をもらっているので、朝からTV観戦。ライブで応援していた添田選手、第1・2セットのタイブレークが取れず、惜しくも負けてしまいましたが、粘りのプレーを見せていました。伊藤選手・守屋選手も残念ながら敗退。
 
 ライブで観ていないのですが、錦織選手は1回戦突破! ダイジェストで少し観ましたが落ち着いたプレーで、2回戦も期待できそうです。

2012年08月21日
 夕方買い物に行く途中に虹が見えました。

初心に戻って

2012年08月20日
 ここのところティンホイッスルの練習はサボり気味でした。気が向いた時に好きな曲をひゃら〜っと吹いていましたが、ティンホイッスルを手にしない日も何日かありました。

 お盆休みが終わってから、また少しスイッチが入り、昔の教本を引っ張り出して練習しています。CDが付いているので、教本を見ずに一回聞いて吹いてみます。あれれ、覚えていた曲なのに何か違う…。どうも吹き方に癖がついてしまったようで、必要ないところに余計なカットやロールを入れてしまっている…。

 装飾音は、アイリッシュ音楽の特徴でもあるのですが、入れすぎるとどうもくどい感じに聞こえます。

ティンホイッスル

 以前、福岡でhataoさんのレッスンを受けた時に、タンギングも使って曲に合った音の出し方をすれば、装飾音を多用しなくてもいい演奏ができると教えていただきました。

 そうだった、そうだった! しっかりした音とは、大きい強い音という意味ではありません。jigならjigらしいリズムの取り方や、音の出し方があるわけです。

 ちょっと振り出しに戻って新鮮な気持ちで吹いてみようと思います。やっぱり楽しい♪

ヨモギ話 (その2)

2012年08月15日
 ヨモギ茶からチンキを作りましたが、大人用にヨモギ酒が作りたくなりました。

 ヨモギ酒は、強壮・健胃・整腸・食欲増進、貧血にもいいとのこと。

 草もちなどには、香りがよい春の新芽を使いますが、ヨモギ茶やヨモギ酒には夏のヨモギでいいようです。植物の収穫は朝がいいのですが、今回は試しということで、7月下旬の夕方、河原へヨモギ摘みに行きました。犬の散歩道になっていないようなところのヨモギを収穫。丁寧に水で洗い、痛んだところを取り除いて日陰で数日乾燥させました。

 ホワイトリカーに氷砂糖を少し入れたものと、入れないものを2種類作ってみました。氷砂糖を入れない方は、かゆみ止めなどに使えるチンキにもなります。もちろん飲むのもOK。
 分量は適当です。特に無糖の方は余ったヨモギを使ったので、計りませんでした。作り方もいろいろあるようで、氷砂糖は好みのようです。



【ヨモギ酒 加糖】

・ヨモギ(乾燥)    40g
・氷砂糖        100g
・ホワイトリカー   1500ml

 冷暗所に置いて、6ヶ月後にヨモギを取り出し、ガーゼやクッキングペーパーで濾して保存。



【ヨモギ酒】

・ヨモギ(乾燥)    びんに8分目くらい
・ホワイトリカー    ヨモギがひたひたになるくらい

 冷暗所に置いて、6ヶ月後にヨモギを取り出し、ガーゼやクッキングペーパーで濾して保存。




ヨモギ酒

 まだ仕込んでから2週間。少し茶色になってきました。ハーブ系の薬っぽい強い香りで、結構好みです。

 私はアルコールに弱い体質なのでビールも小さいグラス半分でギブアップ。お酒の香りや味は好きなんですが、以前体調を悪くしてからアルコールにめっきり弱くなってしまいました(涙)。薬草酒や果実酒は少量でいいので、健康増進に大匙2杯くらいいただければいいなぁ。
 

かき氷はアイスロボ

2012年08月12日
 15年前に購入した「アイスロボ」。ここ数年使っていなかったのですが、娘からリクエストされて、引っ張り出しました。

 氷を削る刃をずっと交換していなかったので、大丈夫かなと思ったのですが、ちゃんと削れました。
 グリーンコープの合成保存料・合成着色料を使っていない、イチゴとグレープのかき氷シロップと、かき氷用ではないのですが、瓶に入ったホットでもアイスでも飲めるというレモンシロップをかけています。レモンシロップはさっぱりして美味しいです。

アイスロボ

 アイスロボは、製氷皿の普通の小さい氷が使えるのでとても便利。氷の削り具合も調整できます。お手入れは、ちゃんと分解して乾かさないといけないのですが、面倒くさがり屋の私は、上の部分だけ外して、さかさまにして水分を切って毎日使っています。

 アマゾンで検索したら、同じカラーリングのアイスロボが販売されていました。削りにくくなったら替刃が購入できるのを知りました。ロングセラーの名器なんですね。今まで仕舞い込んでいてごめんなさい。



スイカ

2012年08月11日
 息子の部活の差し入れに、冷たいデザートを作りました。小ぶりのスイカをくりぬいて、スイカ・メロン・パイナップルと、サイダーで作ったゼリーを盛り付けました。
 OBも集まってバーベキューをするらしいので、見た目に涼しそうかなと作ったのですが、足りるかな?

スイカのデザート

 

ゴーヤ話  (その1)

2012年08月09日
 ゴーヤの季節です。ゴーヤチャンプルー、美味しいですね。

 今日は、ざるそばとゴーヤ・カボチャ・大葉などの夏野菜の天ぷらを作りました。天ぷらのメインはゴーヤ!! この夏すでに3回作っているのですが、今回はゴーヤをまるっと使いました。

 通常ゴーヤ料理は、綿と種を取った緑の部分を使います。私も綿と種は捨てていました。
 ゴーヤについて調べると、ゴーヤの種も栄養が豊富なのだそうで、市販のゴーヤ茶には種も粉にして入っているようです。
 ふかふかの綿の部分は苦くなくて加熱すると美味しいようで、天ぷらや卵とじがおすすめらしい。
 
 物は試しと、まず綿から種を取り出して種だけを素揚げにしてみました。水分を取ったつもりが、激しく爆ぜてしまいました。乾煎りの方がよかったかも…。塩をふってみると、さっぱりした味で食感はこりっとしています。好みが分かれそうですが、我が家では好評でした。

 驚いたのが、綿。 固くなった種を取り除いたふかふかの部分を一口サイズにちぎって衣を付けて揚げてみました。
 塩を軽くつけて、おそるおそる食べてみると、これが感動もの。 味見した娘が「なにこれ! とろっとして美味しい!!」と大騒ぎ。食感はとろっとしていて、野菜で似たものは思いつきません。ナスとも違うのです。
 天ぷらにした綿は時間がたって冷えてくると、少しふかふかな感じに戻りますが、苦みもなく、クセもありません。

ゴーヤの天ぷら
※写真は右上がいつも食べている部分。左が綿。下が素揚げの種です。

 綿は、お味噌汁の具にもなるらしいので、次回チャレンジしようと思います。

 ゴーヤは捨てるところがなかった! すごいよ、ゴーヤ!!

 

ヨモギ話 (その1)

2012年08月08日
 さてさて、最近ヨモギにはまって季節外れの草もちを作りましたが、我が家ではヨモギが欠かせなくなっています。

 発端は、良くなっていた娘のアトピーが悪化したこと…。6月に骨折してから運動ができず、ストレスもあったのでしょう、安定していた肌の状態が一気に悪くなってしまいました。

 日中掻くのをがまんしていても、治りかけたところを夜、寝ながら掻きむしってしまうので、朝になるとぐじゅぐじゅ…の繰り返し。腕が一番悪かったので亜鉛軟膏をつけて包帯をして、そのうえからラップしてテープで止めて寝るようにしたら少しずつ皮膚ができてきました。
 
 いつも飲んでいる漢方薬や塗り薬があまり効かなくなり、なにかいいものがないかとネットでいろいろ調べていたら、ヨモギがアトピーなどのかゆみ止めにも効果があるというのを見つけました。とりあえずヨモギ茶を購入し、飲用とは別にエタノールでチンキを作って試してみました。

 煎じたヨモギ茶は苦いけれど、後味がすっきりして思いのほか飲みやすい。身体を温める作用もあるので、女性にはいいらしいです。冷たくしてもいいようなので、麦茶に混ぜて、旦那や息子にも強制的に飲んでもらうことにしました。娘も「これは美味しい! 効きそう!」と飲み始めました。

 かゆみ止用に作った、エタノールで抽出したエキスを薄めたスプレーは、娘にはエタノールがあまり合わないようでいまいち。私には、虫さされやかぶれたところに塗るとかゆみがすっと止まるのでいい感じ。

 デリケートな娘用にと、ヨモギ茶を飲用より濃い目に出して、冷ましてからスプレーボトルに入れてみました。これがいいみたい! 時間がたつとまたかゆくなるようですが、かゆみがでたらシュッとスプレー。ガサガサになっていた顔も赤みが取れて落ち着いてきました。こちらのスプレーは保存が効かないので、ヨモギ茶を作るときに一緒に作って入れ替えています。かゆみが抑えられると掻かなくなるので、皮膚が再生しやすくなったようです。

 ヨモギだけでアトピーが改善するわけではもちろんないので、食生活も見直し。アトピーが良くなっていたので普通に食べていたチョコレートやバター系のお菓子、ポテトチップスなどや添加物の入ったジュースや炭酸飲料は極力少なくしました。本人も好きなものを我慢するのはつらいようですが、夏なので半そでの服も着たいし、なによりかゆみが辛いので頑張っています。
 手作りならいいかなと、草もち・ういろう・蒸かしイモなどをおやつに。アイスクリームの代わりにホームメイドのかき氷。合成着色料や保存料が入っていないシロップをかけています。ジュース類の代わりに作ったブルーベリーのサワードリンクが気に入ったようで、スポーツドリンクがわりに飲んでくれています。

 ヨモギ茶を飲んだりしだしてから2週間半。肌の方は、まだまだ皮膚が硬くなっているところやぶつぶつやかさかさが残っていますが、かなり改善してきました。

 ヨモギも体質によってはアレルギーが出る場合もあるので、まずパッチテストが必要。合わないようなら即中止。娘には合うようなので、しばらく一緒に続けてみようと思っています。


 先々週からリハビリがスタートした娘。足の裏の筋肉がかなり落ちてしまったようで、体重を乗せると痛みが強く出るため、まだテニスのレッスンはできません。早くテニスのレッスンに復帰したいので、一日おきの1時間のリハビリトレーニングとウォーキングを頑張っています。

 あせらずじっくり治そう! 




 | HOME | Next »