The Corrs  "Unplugged"

2012年06月30日
 ティンホイッスルを始めるきっかけになったのは、アイルランド出身のグループ コアーズを聴くようになってから。

 グループとしての活動は、2006年から休止しています。アンドレアがソロアルバムを2枚、シャロンが1枚だしていますが、グループとして新譜が出ないのは寂しい限りです。

 リリースされているアルバムはみんな好きですが、特に気に入っているのは"Unplugged(1999)"。

 "Unpluged"はMTVの収録LIVEで、アットホームな雰囲気の演奏がいい! CD版ではわかりませんが、DVDでは、"Runaway"でキャロラインがピアノを弾いていて、最後に音をはずして、「テヘッ」ていう感じに笑って肩をすくめるとことも入っています。
 アルバム"Talk on Corners(1997)"とは違うアレンジの"Little Wing (Jimi Hendrix)"やシャロンとキャロラインが歌う"No Frontiers (Jimmy McCarthy)"なども聴きごたえあります。


The Corrs Unplugged

Unplugged

錦織選手、三回戦へ!

2012年06月29日
 昨日の錦織選手の試合は、シードの貫録もありましたね。三回戦進出です。添田選手もデルポトロ相手に1-3でしたが、善戦でした。錦織選手はそのデルポトロと対戦です。

 …あぁ、ナダル。

 おとといの伊達選手の一回戦、気迫のこもった試合でした。左足の状態が回復していない様子の伊達選手。ボンダレンコも足の付け根が痛そうでしたが、試合での駆け引きと、あきらめないプレーはすごかった…。でも伊達選手はバックの時に左足が踏ん張れない…。フルセットで負けてしまいましたが、最後まで戦い抜いた姿にくぎ付けになりました。プロのツアーは想像できないくらいハードだそうです。「これが最後かもしれない」という思いを抱きつつチャレンジし続ける伊達選手。怪我を治して、また雄姿を見たい! 応援しています!!

ウィンブルドンの芝

2012年06月27日
 ウィンブルドン(全英オープン)が行われているオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブのコートは、ロンドンオリンピックでも会場となります。

 まだ大会が始まったばかりなのでコートの芝は青々としていますが、決勝戦になるころには、ベースライン付近は土がむき出しの状態に…。

 ウィンブルドンが終わって、約3週間後にオリンピック? 芝のコンディションは大丈夫? と思っていたら、昨日の放送の中で、石黒さんが運営委員(?)にインタービューしていました。昔の記事を探してみたら同じような内容のものを見つけました。

 大会終了後に、たっぷりと水をまき、ベースライン付近を中心に種をまくそうです。いろいろ調査して最適な種を見つけ、それを少しだけ発芽させたものを使うと、通常より早く成長させられるそうです。
 数年かけてオリンピックに向けた試験が行われたそうです。通常は芝の生育に2週間以上かかりますが、最長でも10日目で元の状態に復元できたとのこと。
 毎年一年かけてメンテナンスする芝をオリンピックまでにもとの状態にもどすなんてすごい技術です。

ウィンブルドン 一回戦

2012年06月27日
 錦織選手、添田選手勝ちました! 錦織選手の試合は第3セットは追い上げられましたが、危なげない勝利。
 
 雨のために第3セットで試合が中断になった、伊藤選手。巻き返しを期待してます。

 伊藤選手は、推薦枠でオリンピック出場が決まりました。でも、伊達選手と森田選手は推薦枠から漏れてしまいました。残念。錦織選手と伊達選手のミックスダブルスも観たかった…。

ウィンブルドン開幕!

2012年06月25日
 いよいよウィンブルドンが開幕しました! WOWWOWの中継は22時からスタート。センターコートの芝の緑が美しいです。
 決勝までの期間に、芝がかなりはがれてきて、熱戦の跡がコートに刻まれていくんですよね。

 森田選手は初戦突破! 伊達選手、初シードの錦織選手をはじめ、日本選手の活躍も楽しみです。また、寝不足の日々が始まります。

梅雨時バウロン

2012年06月25日
 私が持っているバウロンは、トシバウロンさんから購入した、ドイツのメーカーART BODHRANの人気シリーズ LIGHT LINE(直径36cm)と、アイルランドのメーカーのバウロンです。

 もっぱら叩くのはLIGHT LINE。裏面に皮のテンションを調節するチューニングシステムがあるので、とても便利です。

梅雨時バウロン


 梅雨時期は、様々な楽器にとっては嫌な季節。バウロンも演奏する人によっては、皮の状態がべこべこになるのでいやという人もいます。

バウロン演奏

 ですが、未熟者のわたしにとっては結構演奏しやすい気がします。皮がしっとりして、いつもより張り気味にしても、どこどこと低音が出るような気がするからです。

 なかなか歌うようには叩けないのですが、どこどこ叩くと時間を忘れてしまいます。ただし、夢中になると騒音になってしまうのでほどほどに。

勝手におすすめシリーズ (怪我編−その3)

2012年06月23日
 またまたギプスねたです。

 ギプスは蒸れる…。かゆくなる…。夏場のムレムレも、冬場の乾燥もとても辛いものです。私は冬だったので、編棒を足とギプスの隙間に入れてかきかき…、3年前にも骨折したことのある娘は定規でかきかき…。一度かゆくなると我慢ができないので、ついつい掻いてしまいます。でも、皮膚を傷めるのでやってないけない。

 ネットでいろいろ調べると、ギプスのかゆみ止め専用スプレーがあるらしいですが、処方箋がないと買えません。

 そこで、まず家にあるものでなんとかできないかと考えて、思いついたのがこれ!

空気入れ

 バランスボール用の空気入れです。この時期のかゆみの原因は蒸れ。ならば空気で乾かそう! 
 足とギプスの隙間にノズルを入れてシュポシュポ。思いのほか効果があるらしい(娘談:人にやられるとくすぐったいけれど、自分でやると最高♪)。

 ※ノズルを入れるときは、肌を傷つけないように注意してください。

勝手におすすめシリーズ (怪我編−その2)

2012年06月21日
 怪我をしてたいへんなのは、やはりお風呂。特に今の梅雨時期は、じめじめむしむしなので、お風呂に入れないのは辛いです。私も昔、1カ月以上ギプスをしていたことがあるので辛さは経験済み。
 ギプスと足の境にタオルを巻いて、ビニールをかぶせて、テーピングテープで留めたりしましたが、ちょっと足を下げるとつつ〜と水が入ってしまいます。ギプスの中が濡れるとこれまた悲惨なことに…。

 ギプスや包帯を外せない時は「シールタイト」というカバーがおすすめ。湯船から怪我した足だけだして、お湯に入ることもできます。身体を洗ったり、シャワーは問題なし! 

シールタイト

 装着は、最初にちょっとコツが入りますが、お風呂にストレスなしで入れるのは快適だそうです(娘談)。

 使うのは3〜4週間ですが、購入してよかったです。いずれまた誰かが使うかもしれないし…(そうなったら困るけれど)。


梅醤油

2012年06月18日
 日曜日に美味しそうな南高梅が売っていたので、今年も梅醤油をつけこもうと1kg買いました。

 殺菌した容器を用意し、梅は洗ってからヘタをとって水分をしっかり拭き取っておきます。梅1kgに醤油1Lを入れます。

梅醤油

 梅が醤油に浸かるようにお皿等で重石をしたり、時々混ぜたりするといいようです。昆布を入れてもGOOD♪ 1か月くらいで梅のさわやかな風味の醤油が出来上がります。醤油漬けの梅もかなりしょっぱいですが、薬味などに美味しくいただけます。

 梅雨のこの時期に仕込んで、冷蔵庫で1年は持つので重宝します。夏場の冷奴にかかせません。

映画 「テルマエ・ロマエ」

2012年06月17日
 久しぶりに家族で映画を観に行きました。
 
 骨折中の娘も退屈そうだったので、陽気に笑える映画がいいなぁと、家族の希望は取らず、私が漫画を全巻持っている「テルマエ・ロマエ」に決定!

 前評判どおり、主演の阿部さんも違和感なく、ルシウスの悲しいまでの実直さを演じきっていました。館内も度々笑い声が起きて、面白かったです。原作に忠実な部分も多々あり、映画版として楽しめました。
 
 | HOME | Next »