第55回グラミー賞

2013年02月11日
 今日は「第55回グラミー賞」楽しみました♪

 ノミネートされているミュージシャンでは、最近ずっと聴いているエド・シーランやFUN.ゴティエが気になっていました。

 パフォーマンスはテイラー・スイフトから始まり、エド・シーランとエルトン・ジョンとのコラボやFUN.、そしてSTINGとブルーノ・マーズのボブ・マーリートリビュートなどなど、グラミーならではの豪華さでした。

 昨年はアデルの独走でしたね。アデルは「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス」を取りました。今年はFUN.独占かと思っていましたが、FUN.は「最優秀楽曲賞」「最優秀新人賞」の2部門受賞。ゴティエも「最優秀レコード賞」を受賞しました。

 
【追記】 
 22時から字幕再放送のグラミー賞をまた観ています。やっぱりパフォーマンスがすごい!! 同時通訳でないので、聞き逃したコメントもじっくり読めるので楽しめます。

 ちょっと思い出したのですが、イングランド出身の2人のミュージシャン、アデルとエド・シーランは、アデルが24歳、エドが21歳…。アデルの貫録はいうまでもないですが、ストリートで鍛えたエドのパフォーマンスもよかったです。

Altan "Poison Glen"

2012年09月18日
 フランキー・ケネディとマレード・ニ・ウィニーが結成したアイリッシュ・トラディッショナル・バンドのアルタン。

 メンバーの入れ替わりがあったものの、1994年にフランキーが亡くなった後もスタイルを変えることなく活動しています。

 アイルランド北西部のドニゴールの音楽を演奏し続けるアルタンの魅力は、思わず踊りたくなるようなダンスチューンと、やはりマレードの澄み渡るようなヴォーカルでしょう。

 "Local Ground"から7年ぶりの新作"Poison Glen"が今年の2月に出ました。マレードの歌声はより深みが出た感じで聞き惚れます。軽快なフィドルの演奏も気持ちいいのですが、全体にゆったりとした雰囲気を感じるアルバムです。


Poison Glen
Poison Glen

Court Yard Hounds "Court Yard Hounds "

2012年07月16日
 コート・ヤード・ハウンズは、ディクシー・チックスのエミリー・ロビンソンとマーティー・マグワイア姉妹のプロジェクトグループです。

 ディクシー・チックスとしての活動は休止中。今回のこのプロジェクトではエミリーがリードヴォーカルを務めています。ナタリーのヴォーカルとは一味違う、素直で優しい声がとてもいいです。

 2010年発表のアルバム "Court Yard Hounds "は、ジェイコブ・ディランとのデュエットもあり、カントリーというよりも、アコースティック・ポップス色が強い感じです。全曲それぞれ味があって好きなアルバムです。

Court Yard Hound

Court Yard Hounds

Penguin Cafe " A Matter Of Life... "

2012年07月13日
 ペンギン・カフェは、ペンギン・カフェ・オーケストラとして活動していましたが1997年にリーダーのサイモン・ジェフスが亡くなり、2009年から息子のアーサー・ジェフスがバンドに加わり活動しています。

 ペンギン・カフェ・オーケストラを初めて聞いたのが1981年。イーグルスやスティックスが大好きだった頃、ラジオから流れた曲がとても印象的でアルバム"Penguin Cafe Orchestra"をレンタルレコード店で借りて聞いていました。あれから数十年…。

 最近、音楽ニュースで新譜のニュースを知って、懐かしくなり、昔のアルバムと新譜を買いました。


 あの何とも言えない心地いいいサウンドは健在! 10月に来日公演もにあるのですが六本木…、行けないのが残念です。

A Matter of Life

Matter of Life.


Penguin Cafe Orchestra

Penguin Cafe Orchestra (Reis)





Flook  "Haven"

2012年07月02日
 Flookは、アイリッシュ・トラッドバンド。残念ながら解散してしまいました。

 ブライアン・フィネガン、セーラ・アレン、エド・ボイド、ジョン・ジョー・ケリーの4人組。編成は、ブライアンとセーラがフルートとホイッスル担当、エドがギター、ジョン・ショーがバウロンです。

 ツインフルートの疾走感と、なんといってもジョン・ジョー・ケリーの神業バウロンが聴きごたえあります。

 3枚のアルバムをリリースしているFlookですが、私のお気に入りは"Haven"です。

Haven

Haven

The Corrs  "Unplugged"

2012年06月30日
 ティンホイッスルを始めるきっかけになったのは、アイルランド出身のグループ コアーズを聴くようになってから。

 グループとしての活動は、2006年から休止しています。アンドレアがソロアルバムを2枚、シャロンが1枚だしていますが、グループとして新譜が出ないのは寂しい限りです。

 リリースされているアルバムはみんな好きですが、特に気に入っているのは"Unplugged(1999)"。

 "Unpluged"はMTVの収録LIVEで、アットホームな雰囲気の演奏がいい! CD版ではわかりませんが、DVDでは、"Runaway"でキャロラインがピアノを弾いていて、最後に音をはずして、「テヘッ」ていう感じに笑って肩をすくめるとことも入っています。
 アルバム"Talk on Corners(1997)"とは違うアレンジの"Little Wing (Jimi Hendrix)"やシャロンとキャロラインが歌う"No Frontiers (Jimmy McCarthy)"なども聴きごたえあります。


The Corrs Unplugged

Unplugged

 | HOME |